/

この記事は会員限定です

プリウスの部品で農業用ロボ 豊田通商と北大が開発

[有料会員限定]

豊田通商と北海道大学が農業用の自動運転ロボットを共同開発した。ゴルフカートをベースにトヨタ自動車「プリウス」のモーターやバッテリーを再利用し、ワイン農場の下草刈りや農薬散布を自動化する。来春以降にはトヨタも開発に参画し、2~3年後の実用化を目指す。

豊通は数年前から廃車になったプリウス部品の再利用を本格化してきた。20万キロメートル走って廃車になってもモーターなど主要部品の性能には問題がなく、小水力発電で再利用の事例...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り880文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン