/

ヤンマーの20年4~9月期、純利益9%減

ヤンマーホールディングスは25日、2020年4~9月期の連結純利益が前年同期比9%減の69億円だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、欧米で小型エンジンや部品事業が不振だった。

売上高は11%減の3599億円だった。海外はアジアで農機、北米で建機の販売が好調だったが、エンジンの減少を補えなかった。国内は昨年の消費増税に伴う駆け込み需要の反動で農機の販売が減った。建機も設備投資の減速で減少した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン