/

神奈川県内景気判断 3カ月連続引き上げ、日銀

西崎支店長は今後の県内経済の見通しについて下振れリスクを指摘した(25日、横浜市)

日銀横浜支店は25日、11月の神奈川県内の金融経済概況を発表した。景気判断は「新型コロナウイルス感染症による下押しの影響が残るものの、持ち直している」と3カ月連続で引き上げた。

実体経済の7項目のうち、輸出と生産の判断を上方修正した。輸出は中国向けの自動車や自動車部品、非鉄金属、原動機などが増加している。生産は素材関連や輸送機械などが持ち直しているという。

個人消費は「持ち直しつつある」との表現を維持したが、年末年始の消費について西崎健司支店長は同日の記者会見で「控える傾向が強くなるのではないか」との見方を示した。

県内経済の今後の見通しについては「新規感染者の増加で不確実性が極めて高く、依然大きな下振れリスクにさらされている」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン