/

この記事は会員限定です

タイ、格差社会に閉塞感 上位1%の富裕層が富の5割

[有料会員限定]

東南アジアの新興国タイで若者らの反体制デモが収まらない。タブー(禁忌)を破り、王室改革さえ求める。国軍や財界が既得権益を握り、富の偏在を見逃してきた現状への不満が、新型コロナウイルスの影響による経済低迷で噴き出した。成長が覆い隠してきた格差と分断は顕在化してきた。国王を社会の調停者として妥協を重ねてきた「タイ式民主主義」は限界に近づく。

「支配階級を打倒しよう」。25日、バンコクにあるサイアム商業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1327文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン