/

ココカラF株の大量取得判明 香港オアシスが5・56%

香港の投資ファンド、オアシス・マネジメントがドラッグストア大手のココカラファインの5.56%分の株式を取得したことが25日、明らかになった。同日にオアシスが関東財務局に提出した大量保有報告書で明らかになった。

保有目的についてオアシスは「ポートフォリオ投資および重要提案行為」と記載。そのうえで「株主価値を守るため重要提案行為を行うことがある」としている。オアシスは17日までに市場の内外でココカラファイン株の取得を続けていた。17日には市場外から1.94%を取得した。

ココカラファインは2021年10月にマツモトキヨシホールディングスと経営統合する。商品の品ぞろえの見直しやプライベートブランド(PB)商品の共同開発など、統合へ向けた準備を進めている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン