/

この記事は会員限定です

フィリピン航空、法的整理を申請へ 事業は継続

[有料会員限定]

【マニラ=クリフ・ベンゾン】経営難に陥っているフィリピンの大手航空会社フィリピン航空が法的整理を裁判所に申請する方針を固めたことが25日分かった。事業は継続する。新型コロナウイルスの影響による移動制限で利用が低迷するなか、裁判所の関与のもと、債務を圧縮して経営を再建する考えだ。

フィリピン航空がこのほど開いた従業員向けの説明会で法的整理を申請する方針を伝えた。債権者である銀行などに債務の減免を求め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り497文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン