/

ウォンテッドリー、スタートアップ雇用指数を公開

ビジネスSNS(交流サイト)のウォンテッドリーは、スタートアップ企業の経済動向を示す指標を公開した。同社の運営するSNSに掲載された仕事の募集数を応募者数で割って算出する。業種別や都道府県別に指標を確認でき、スタートアップ経済の成長性を可視化する。

同社が公開したのはスタートアップ雇用指数「WANTEX(ウォンテックス)」。同社が運営するビジネスSNS「Wantedly」に登録する企業のうち創業10年以内の企業を対象にしている。

指標を使って、業種別や都道府県別のスタートアップ経済の成長性を可視化する。コロナ禍におけるWANTEXをみると、緊急事態宣言を受けて4~5月期は指数が減じたが10月には回復している。特にIT(情報技術)分野で回復が早いことが分かった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン