/

この記事は会員限定です

生コン値上げ、東京で浸透へ 各地も相次ぎ

骨材高などコスト増、協組は強気

[有料会員限定]

生コンクリートの値上げが広がっている。東京都区部で営業する東京地区生コンクリート協同組合(東京・中央)の値上げは、小口物件は満額で、大口もほぼ満額で受け入れられつつある。建設需要は鈍いが、東京地区生コン協組は強気を貫いている。背景には、コスト上昇で生コンメーカーの収益が著しく悪化し、需要家側も安定調達を優先している構図がある。

「大手や中堅ゼネコンが手掛ける大口物件でもほぼ満額で値上げが浸透してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り996文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン