/

読めばやる気UP 専門家おすすめ「お仕事小説」15選

左から2位「和菓子のアン」、1位「舟を編む」、3位「オレたちバブル入行組」

主人公が仕事に取り組む姿を描き、プロ意識や職務を全うする大切さを教えてくれる「お仕事小説」。書店員ら12人の専門家が、仕事と改めて向き合うきっかけになる作品を選んだ。

1位 舟を編む 三浦しをん

 1540ポイント
天職に出合う瞬間 目の当たり

玄武書房・第一営業部所属で入社3年目の馬締(まじめ)光也はあるとき辞書編集部にスカウトされる。長年辞書作りをしてきたベテラン社員が退職を控え、その後任として「言葉への鋭い感覚を備えている」(浦田美穂さん)とみた馬締を引き抜いた。営業部ではお荷物だった馬締だが、新しい辞書「大渡海」の編さんで才能を開花させ、読者は「人が天職に出合う瞬間を目の当たりにする」(間室道子さん)。

辞書編さんに奮闘する人間ドラマやその編集の裏側がふんだんに描かれていて「こんなにも文化的な仕事を舞台とした小説なのに、団体競技スポーツに挑む人たちを応援しているような気持ちにすらなる」(藤村結香さん)。

「『お仕事小説』として多くの共感を生んでいる」(赤須恵美さん)作品だけに、2012年に本屋大賞を受賞、13年に映画化、16年にはアニメ化も実現した。

(1)出版レーベル 光文社文庫(2)税込み価格 682円(3)文庫版出版年 2015年

2位 和菓子のアン 坂木司

 1040ポイント
きめ細やかな気配りや誠実さ

高校を卒業して将来に悩む梅本杏子(アンちゃん)はデパ地下の和菓子店でアルバイトを始める。「私が唯一得意と言えるのは、食べること」というアンだが、和菓子については知らないことばかり。

最初は1カ月くらい働けばいいと考えていたものの、同僚が働く姿を見たり、来店客の言動に触れたりするうちに、次第にプロとしての意識が芽生えていく。「一つ一つの和菓子に込められた意図やメッセージを読みとり、お客さんに説明していくきめ細やかな心配りと誠実さから多くを学べる」(浦田さん)

読者は和菓子の持つ歴史や背景を知ることもできる。一癖も二癖もある登場人物たちとの関係なども面白い。ミステリータッチで「なんといってもお店に持ち込まれる『小さな謎』が読みどころ」(間室さん)。

「和菓子が無性に食べたくなってしまう」(中沢佑さん)。「主人公が販売する和菓子を買いに行きたくなる」(藤村さん)といった意見もあった。

(1)光文社文庫(2)734円(3)12年

3位 オレたちバブル入行組 池井戸潤

 920ポイント
「半沢直樹」の原作、不条理に立ち向かう

大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS系)の原作となった小説の第一作。東京中央銀行大阪西支店の融資課長、半沢直樹は支店長が命令した「西大阪スチール」への半ば強引な融資の責任を負わされその回収に奔走する。「不条理に立ち向かう半沢の姿は読むものに力を与えてくれる」(芝健太郎さん)

銀行組織やその仕事ぶりも読みどころだ。「そこまでするのかと思ってしまうような、登場人物たちの仕事人間ぶりも面白い」(赤須さん)。萩原健太さんは「どっぷり引き込まれる人間模様がある」と評価。「自らの正義を貫くために徹底的に不正を暴きやり込める様は、並のビジネスパーソンには不可能だが留飲が下がる」(浦田さん)。融資候補先の業績を正確に判断し、適正な融資とそれに見合う担保という「銀行員の仕事の基本を再確認できる」(堺憲一さん)と評価する声もあった。

「スカっとしたい気分の時に読みたい一冊」(金子圭太さん)

(1)文春文庫、講談社文庫(2)770円、858円(3)07年、19年

4位 コンビニ人間 村田沙耶香

 900ポイント
求められていることを察知

主人公は36歳の現在まで、コンビニエンスストアのアルバイトとして18年間働き続ける古倉恵子。子どものころから周りとのズレを感じてきたが、コンビニの仕事をしていると世の中の一部になった気分になれる。

コンビニ店員という仕事を超えて、自分がどんな人生を選び取っていくかのヒントが得られる作品。藤村さんは主人公の考え方や生き方を読みながら「私は私。そう思えることの勇気と素晴らしさが伝わってくる」と称賛する。第155回芥川賞受賞作。

(1)文春文庫(2)638円(3)18年

5位 これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~ 青木祐子

 760ポイント
「任せたら大丈夫」の安心感
(C)青木祐子/集英社

入社以来、経理部に所属する森若沙名子。同部に持ち込まれる領収書の内容などから社内の人間関係の変化などに気づき、解決していく。「一番一緒に仕事がしたいタイプと思う森若さん。この人に任せたら大丈夫、という安心感が伝わってくる」(藤村さん)

「決められた段取りでてきぱきと仕事を片付けるその姿はすがすがしく爽快なほどである」(浦田さん)など、仕事の描写にも評価が集まった。19年に多部未華子主演でドラマ化された。

(1)集英社オレンジ文庫(2)605円(3)16年


6位 校閲ガール 宮木あや子

 630ポイント
地味な部署になっても奮闘

熱烈なファッション誌愛を面接で訴え、憧れの出版社に採用された河野悦子。ただ、配属先は文書や原稿の不備や誤りを調べる校閲部だった。「地味な校閲部に配属され、不満を言いつつも奮闘する姿が描かれた作品」(赤須さん)。浦田さんは「地道な労をいとわず、正確性を追求していく姿勢に頭が下がる」と評価する。

「校閲という仕事を世間に広げた一冊」(芝さん)との声もある。16年には石原さとみ主演でドラマ化された。

(1)KADOKAWA/角川文庫(2)616円(3)16年


7位 神様からひと言 荻原浩

 560ポイント
他人の嫌がる仕事も頑張る

大手広告代理店から中堅の食品会社に転職した佐倉凉(りょう)平は販売会議で上司らの反感を買い「リストラ要員の強制収容所」こと「総務部お客様相談室」に異動させられてしまう。会社は「お客様の声は、神様のひと言」を社訓としていたが、実態は違った。

「日々嫌なことがあっても、この小説ほど嫌な思いはしない」(金子さん)。「クレームへの対応という他人の嫌がる仕事でも、さあ頑張ろうとつなげていく荻原作品の神髄が込められた作品」(堺さん)

(1)光文社文庫(2)755円(3)05年


8位 駅物語 朱野帰子

 520ポイント
身近な場所で感情移入

主人公は東京駅に勤める東本州旅客鉄道の新人駅員、若菜直。乗客同士のけんかや暴力、事故対応、社内の人間関係のもつれなど、トラブルには事欠かない。だが、若菜が東京駅での勤務を希望した本当の目的は、かつて自分を助けてくれた人たちを見つけるためだった。

藤村さんは「この世で駅を利用する全ての人に読んでほしい」と推薦する。「駅という誰もが身近に感じられ得る舞台は感情移入の宝庫」(竹田勇生さん)との声もあった。

(1)講談社文庫(2)836円(3)15年


9位 プリティが多すぎる 大崎梢

 500ポイント
やる気なしからやりがいに

第1志望だった名門老舗出版社「千石社」に念願かなって入社した新見佳孝。だが、3年目の人事異動で配属されたのは希望の文芸部門ではなく、女子中学生向けファッション誌の編集部だった。

「初めはいじけてくさりまくる彼が『現場』の人たちの姿勢にふれ変化していく」(藤村さん)。「仕事が苦手でやる気もなかった主人公が次第に成長し、やりがいを感じていくところに感銘を受ける」(内田俊明さん)。18年には千葉雄大主演でドラマ化された。

(1)文春文庫(2)748円(3)14年


10位 営業零課接待班 安藤祐介

 470ポイント
厳しい目標、チーム一丸で

IT(情報技術)商社で働く真島等。まったく成果が出せず、転職を考え始めていたところに新設の接待営業専門の「営業零(ゼロ)課」に行かないかと声がかかる。初年度の売り上げ目標は50億円。個性豊かな同僚同士がぶつかりながらも目標達成に向けて奮闘する。

「仕事はチームでやるものだと強く実感させられる」(芝さん)。著者に対し「前向きになれる仕事小説といえば、随一の書き手。その中でもこれは最高傑作」(内田さん)と絶賛する声もあった。

(1)講談社文庫(2)660円(3)12年


11位 君たちに明日はない 垣根涼介

 430ポイント
(1)新潮文庫(2)737円(3)07年

12位 女たちのジハード 篠田節子

 420ポイント
(1)集英社文庫(2)1034円(3)00年

13位 ラストワンマイル 楡周平

 390ポイント
(1)新潮文庫(2)825円(3)09年

13位 BUTTER 柚木麻子

 390ポイント
(1)新潮文庫(2)990円(3)20年

13位 あしたの君へ 柚月裕子

 390ポイント
(1)文春文庫(2)704円(3)19年

多様化する働き方、改めて考える一助

新型コロナウイルスの感染を防ぐため、今年は在宅勤務などの新しい働き方が一気に広がった。働き方が変わったことで、仕事との向き合い方について改めて考えた人も多かったに違いない。

ただ、仕事を見つめ直すことは必ずしも転職などの動きにつながっていないようだ。日本能率協会マネジメントセンター(東京・中央)が6月に会社員約1500人を対象に実施した調査によると、自分の今後のキャリアについて55.5%の人が「今の会社の事業に関わるなかで、成長していきたい」と答えた。

今回、選ばれた小説の主人公は辞書編さん者や駅員など様々だが、多くの作品が仕事に真摯に取り組む大切さを訴えている。加野雅子さんは「駅物語」で主人公たちが立ち向かうものは「重くて壮絶ですらあるが、くじけず進む気迫が伝わってくる」と評する。屋内で過ごす時間が増えるこれからの季節。珠玉の作品を読みながら、仕事や人生とじっくり向き合ってみたい。

ランキングの見方

 作品名、著者名。数字は専門家の評価を点数化。(1)出版レーベル(2)税込み価格(3)文庫版出版年。写真は三浦秀行撮影。

調査の方法

 2000年以降に文庫化され、電子版でも購入できる、主人公が給与所得者などの条件を満たすお仕事小説から、東京経済大学名誉教授の堺憲一さん、紀伊国屋新宿本店の竹田勇生さん、八重洲ブックセンターの内田俊明さんの助言をもとに1作家1作品、合計42作品を選定。書店員ら専門家12人が「リアリティーがある」「前向きになれる読後感」「その仕事の価値や大切さが理解できる」の観点からおすすめ順に15位までを選び、結果を編集部で集計した。

今週の専門家

 ▽赤須恵美(オンライン書店e-hon)▽内田俊明(八重洲ブックセンター営業部マネジャー)▽浦田美穂(リブロ新大阪店)▽金子圭太(くまざわ書店調布店店長)▽加野雅子(成田市立図書館副主幹)▽堺憲一(東京経済大学名誉教授)▽芝健太郎(有隣堂商品戦略部書籍雑誌課係長)▽竹田勇生(紀伊国屋書店新宿本店課長代理)▽中沢佑(日販YOURS BOOK STOREブックディレクター)▽萩原健太(フタバ図書商品部書店事業課バイヤー)▽藤村結香(宮脇書店本店)▽間室道子(代官山蔦屋書店文学コンシェルジュ)=敬称略、五十音順

(生活情報部 清水玲男)

[NIKKEIプラス1 2020年11月28日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン