/

この記事は会員限定です

豊通、米ロス港で水素供給へ 運搬機向け事業化調査

[有料会員限定]

豊田通商は米国カリフォルニア州にあるロサンゼルス港で燃料電池で動く運搬機材に水素燃料を提供する検討を始めた。港湾内で水素を供給する場合の経済合理性や課題を調査する。同港ではコンテナを運ぶ機材などから出る排ガスを2030年までにゼロにする目標を掲げる。巨大な機材を電動化するには燃料電池が最適とされており、調査をした上で事業化を目指す。

ロサンゼルス港での調査は9月に始めており、2022年3月まで続ける。新エ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り899文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン