/

この記事は会員限定です

美しくも残酷な寓話 野崎六助氏が選ぶ3冊

きらめく共和国 アンドレス・バルバ著

[有料会員限定]

怖ろしくも美しい寓話(ぐうわ)だ。かつてのラテンアメリカ小説に似た残酷なマジック。

ジャングルと茶色い河の傍の亜熱帯の街に突然、現れた子供たちの集団。どこから来たのか、何を求めているのか。言葉は通じない、行動も不可解。やがて突発的な暴力事件が起こり。予期しない破局が……。

事件から22年後に語られる物語。語り手の視点は、公平たろうとするが、ひたすら昏(くら)い。答えはなく、問いかけばかりが溢(あ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り472文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン