/

10月の世界粗鋼生産、前年比7%増 中国など拡大

世界鉄鋼協会が25日までにまとめた世界64カ国・地域の10月の粗鋼生産量(速報値)は前年同月比7.0%増の1億6189万トンだった。2桁増が続く中国のほかにインドやブラジルも増加し、3カ月連続で前年を上回った。世界で新型コロナウイルスの感染者が増えている一方で、回復ペースは速まっている。

国内の粗鋼生産は回復への期待が高まっている(JFEの西日本製鉄所福山地区)

国・地域別では中国が12.7%増の9220万トンだった。政府の景気刺激策に伴うインフラ投資が活発で鋼材需要が拡大しており、2カ月連続の2桁増となった。

他の主要生産国でも対前年での増加や、減少幅の縮小の動きが目立ってきた。インドは906万トンと前年同月比で0.9%増えた。インフラ分野やエネルギー分野での投資が活発になっており、タタ製鉄やJSWスチールなど現地大手の粗鋼生産が拡大している。ブラジルも3.5%増の278万トンと増加基調だ。

9月に増加していた韓国は10月には1.8%減の586万トンで、マイナスに転じた。ただしポスコなど鉄鋼大手の生産は堅調で、前年と同程度の水準を維持している。前月まで2桁減が続いていた欧州連合(EU)も10月は5.6%減の1261万トンまで回復した。

日本は11.7%減の720万トンだった。JFEスチールの西日本製鉄所の福山地区(広島県福山市)における高炉1基の再稼働などを背景に、対前年での減少幅が縮小した格好だ。さらに日本製鉄も東日本製鉄所君津地区(千葉県君津市)と室蘭製鉄所(北海道室蘭市)でそれぞれ高炉1基の稼働を再開した。国内での生産規模も回復への期待が高まっている。

(湯前宗太郎)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン