/

この記事は会員限定です

ヤオコー、32年連続増益へ 支えるのは「ドーナツ戦略」

証券部 松川文平

[有料会員限定]

埼玉県を地盤とする食品スーパー、ヤオコーがコロナ時代に勝ち残るべく、値下げなどによるお客の囲い込みを急いでいる。新型コロナウイルス感染拡大による巣ごもり需要が追い風となり、2021年3月期は32年連続の営業増益、純利益では29年連続の増益を射程に捉えた。体力勝負になっても利益を出せる下地には、独自の出店戦略を基盤にした低コスト構造がある。

「下期の事業環境は当初考えていたよりも厳しくなる」。ヤオコーの20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1757文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン