/

首相「事実と違えば私も責任」 桜を見る会巡る答弁で

菅義偉首相は25日の参院予算委員会で、安倍晋三前首相主催の「桜を見る会」に関する自身の過去の国会答弁について「事実が違った場合は当然、私にも責任がある」と述べた。立憲民主党の福山哲郎幹事長への答弁。

福山氏は「桜を見る会」の前日に安倍氏の後援会が開いた前夜祭を巡り、当時首相だった安倍氏の国会答弁は「虚偽だった」と批判した。安倍政権の官房長官を務めた首相は「安倍前首相が国会で答弁した内容について、確認しながら答弁している」と説明した。

福山氏は安倍氏に事実関係を直接確認するよう求めた。首相は「捜査に関わる事案だ。この場で申し上げるべきではない」と拒否した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン