/

中国銀行や天満屋など、地域商社を設立

記念撮影に応じる中国銀の加藤頭取(右から3人目)ら(25日、岡山市)

中国銀行、百貨店の天満屋、山陽新聞社(岡山市)は25日、東瀬戸内地域の活性化に向けて地域商社を設立したと発表した。各社のノウハウなどを活用してマーケティング戦略の立案、商品の企画・開発、販路開拓をワンストップで支援。農産品や加工品のほか、工業製品も含め付加価値を高めて域外に販売する。

中国銀が70%、2社が15%ずつを出資してせとのわ(同)を設立した。社長に同行ソリューション営業部の小林靖典担当部長が就任し、3社に加えてデザイン会社のアイディーエイ(同)と中国四国博報堂(広島市)から9人が出向する。金融庁の設立認可を得た銀行業高度化等会社は4番目で、異業種との共同出資は初となる。

中国銀の加藤貞則頭取は記者会見で「技術の発掘・育成や新事業の開発も主要な役割になる。地域経済の縮小状態を打破できる大きなツールに育てたい」と強調。天満屋の江国成基社長も「ビジネスモデル創出や域外からの資金獲得、経済の循環促進の期待に応えていきたい」と意気込んだ。

中国銀は4月に始まった中期3カ年計画で、地方創生の取り組みの柱として地域商社を設立する方針を掲げた。4月に5社で協定を結び、地域商社事業の開始に向けて準備室を開設していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン