/

この記事は会員限定です

「高速バス、運賃など柔軟に」富山地方鉄道の辻川社長

北陸 トップの視点

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道・バス各社を取り巻く環境は厳しい。地方の事業者は人口減少も重なり、経営の持続性が問われている。富山地方鉄道(富山市)の辻川徹社長に現状や課題を聞いた。

――収入の状況を教えてください。

「4~10月で富山市と宇奈月温泉(富山県黒部市)などを結ぶ鉄道は前年同期比4割減、市街地を走る乗合バスは3割減だった。採算性が低い鉄道や乗合バスを支えてきた高速バスと貸切バスは、と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン