/

「アウティングは人格権侵害」 東京高裁、請求は棄却

同性愛者であることを同級生に暴露される「アウティング」被害を受けた後に転落死した一橋大法科大学院生の男性(当時25)の両親が、同大学に約8500万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日、東京高裁であった。

村上正敏裁判長はアウティングを「人格権の侵害」と認定した上で、一橋大側の責任を認めなかった一審・東京地裁判決を支持し、両親の控訴を棄却した。

アウティング被害について男性から相談を受けた教授や職員らの対応が、心身の安全や教育環境への配慮義務に違反していたかが争われた。

判決は同級生によるアウティングについて「(男性の)人格権やプライバシー権を著しく侵害し、許されない行為であることは明らか」と指摘した。その上で男性から相談を受けた教授や大学のハラスメント相談室職員らの対応に問題はなく、大学側に義務違反は認められないと判断した。

男性は2015年4月、同性の同級生に恋愛感情を伝えた。同級生は6月、友人が入る対話アプリ「LINE」のグループで「おまえがゲイであることを隠しておくのムリだ。ごめん」と男性が同性愛者であることを暴露。男性は8月に校舎から転落死した。

19年2月の一審・東京地裁判決は男性から相談を受けた教授の対応について「男性の苦しみに共感を示している」と指摘し、両親の請求を退けた。両親は暴露した同級生も提訴し、既に和解が成立している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン