/

この記事は会員限定です

ANA、深圳に新規就航へ 貨物・ビジネス需要取り込む

中国路線は4路線に

(更新) [有料会員限定]

全日本空輸(ANA)は25日、12月14日から成田空港と中国・深圳を結ぶ路線を新たに就航させると発表した。新型コロナウイルスの感染が拡大した3月以降、国際線航路の新設は初めて。深圳はIT(情報技術)企業が集積する。日中政府がビジネス目的での往来再開で合意する中、ハイテク産業向けの旅客や貨物の需要を取り込み収益力の回復につなげる。

ANAは現在、成田発上海、広州、青島の3路線で中国線を飛ばしている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り842文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン