/

この記事は会員限定です

テレワーク新たな課題は「同僚との対話」 半年で悪化

テレワーク成功の勘所(22)

[有料会員限定]
日経BP総研

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で日本企業がテレワークを急きょ導入してから半年強、在宅勤務における最大の課題は同僚との対話にあることが新たな調査で判明した。出社率が5割以下のビジネスパーソンが4割を超えるなどテレワークの定着が進む一方で、紙の書類に苦しむ大企業の実態も浮かび上がる。調査結果を基にテレワークの今を知り、解決の道筋を探る。

調査は日経BP総合研究所イノベーションICT...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2172文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン