/

この記事は会員限定です

[FT]トランプ氏と取引した米経済界、手じまいできる?

民主主義を語る資格はあるか

[有料会員限定]
Financial Times

11月6日、米大手企業の最高経営責任者(CEO)30人が急遽オンライン会議を開き、今回の米大統領選挙で自分への投票が「盗まれた」とトランプ氏が根拠も示さぬまま主張し続けていることについて議論した。

経営者らは会議で自身と自らの企業の影響力を利用して、米政治制度では普通の平和的な政権移行を何とか実現すべく最善の方法を考え出そうとしていた。出席者の中には、トランプ陣営がクーデターを起こそうとしているとす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3159文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ラナ・フォルーハー

Rana Foroohar 米国生まれ。米ニューズウィーク、米タイムを経て2017年3月にFTに移る。米IT(情報技術)企業の事業を通じ蓄積した利用者のデータを駆使した事業モデルの在り方に早くから警鐘を鳴らしてきたことで知られる。米外交問題評議会の生涯会員。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン