/

この記事は会員限定です

[FT]スペイン 教育改革で浮き彫りになる「言語論争」

[有料会員限定]
Financial Times

スペイン政府と議会は、作家セルバンテスや詩人ロルカの使った言葉を消滅の危機にさらそうとしている――。グロリア・ラゴさんの目にはこう映る、

(同国内の)カタルーニャ語やバスク語、ガリシア語各圏においてスペイン語で教育を受ける自由の拡大を求める団体「アブラモス・エスパニョール(私たちはスペイン語を話します)」の代表を務めるラゴさんは、スペイン議会下院が先週、僅差で可決した教育改革法案を大いに問題視して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2435文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン