/

この記事は会員限定です

長萌産業、モヤシ生産2倍に 長崎・大村に新工場 品質向上

[有料会員限定]

モヤシ製造の長萌産業(長崎市)は10億円を投じ、長崎県大村市で新工場を建設する。2021年9月に既存工場から移転し、生産量を2倍以上に引き上げる。新型コロナウイルス禍の巣ごもり需要で、モヤシの小売店販売は堅調という。ただ大手企業との競争も激化しており、高品質なモヤシを生産できる設備を導入し、九州・沖縄でのシェア拡大を目指す。

新しく建設する東大村工場の延べ床面積は1750平方メートルで、同じ大村市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン