/

ソフトバンクとスバル、5Gで自動運転の実証実験

ソフトバンクSUBARU(スバル)は高速通信規格「5G」を活用した自動運転で、実証実験に成功したと発表した。5Gのネットワーク経由で伝送した車両の速度などをもとに、自動運転車が走行中の2台の車両の間にスムーズに合流した。両社は研究を引き続き進める。

2社は5Gを活用した安全運転支援や自動運転の共同研究を2019年に始めた。スバル研究実験センター美深試験場(北海道美深町)のテストコースにソフトバンクが5G対応の基地局を設置。基地局と車両の間や車両同士で通信し、技術の検証を進めてきた。

8月に成功した実地検証では高速道路などでの合流を想定。自動運転車と本線の車両の車速などを5Gネットワーク経由で基地局近くのサーバーに伝送。サーバー側で衝突の可能性を計算して自動運転車に減速指示などを出した。自動運転車は受信メッセージと車載センサーで得た周囲の状況から制御情報を導き、本線に合流した。渋滞などを想定し、自動運転車から本線の車両に進入要求などを送ってから合流する実験にも成功した。

スバルは5Gなどの通信性能を生かし、自動運転に必要な技術開発を加速する。ソフトバンクはホンダと組んで5Gを活用したコネクテッドカー(つながる車)技術の共同研究なども進めている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン