/

官房長官、尖閣巡り懸念伝達 中国外相と会談

加藤勝信官房長官は25日午前、首相官邸で中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相と会談した。沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域内で中国公船の航行が続いていることに懸念を伝達した。新型コロナウイルス対応では日中の連携を確認した。

加藤氏は同日の記者会見で「(王氏に)菅政権が日中関係を重視する姿勢は変わらず、安定した日中関係を構築したいと述べた」と説明した。北朝鮮による日本人拉致問題については中国の理解と解決にむけた支持を求めた。

王氏は会談後、記者団に「両国間には様々な問題があるが、今までの共通認識にのっとって適切に対処すべきだ。もっと広い分野で協力できる」と語った。王氏は菅義偉首相とも同日午後に会談する予定だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン