/

米環境保護局長官、12月の台湾訪問が急きょ延期に

【台北=中村裕】米国のアンドリュー・ウィーラー環境保護局(EPA)長官が12月初旬に予定していた台湾への訪問が急きょ、延期となった。台湾の外交部(外務省)は25日、「スケジュール変更で、年内には台湾訪問が実現できなくなった。非常に残念だ」との声明を発表した。

アンドリュー・ウィーラー環境保護局(EPA)長官の台湾訪問は延期になった=ロイター

ウィーラー氏の訪問は中国が反発するなか、12月5日ごろから3日間で予定されていた。国内での優先事項があり、予定を延期するという。ただEPA側は、米紙の報道が先行し、同氏の訪台が予想以上に早く公になったことを指摘し、外交に影響を与えたと批判した。ウィーラー氏の訪問が今後いつになるかは明らかにしていない。

一方、米紙はウィーラー氏の訪問は政権交代直前で、多額の公費が無駄になる可能性を指摘し、訪台を問題視する記事を掲載していた。

外交部は「今後もバイデン次期政権と協力し、米高官の台湾訪問を促進する」とコメントした。

米国からは最近、高官の台湾訪問が相次ぐ。中国が反発するなか、8月にはアザー厚生長官、9月にはクラック国務次官が訪台した。22日には、米インド太平洋軍のマイケル・スチュードマン情報司令官が台湾を訪問したことも分かっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン