/

この記事は会員限定です

グアテマラ、予算巡り市民反発 医療や教育軽視で

[有料会員限定]

【メキシコシティ=宮本英威】中米グアテマラで、国民が政府への反発を強めている。新型コロナウイルスの感染拡大や相次ぐハリケーンで生活が苦しい中、政府が医療や教育に予算を十分に配分しない方針を示したためだ。暴徒化した一部のデモ参加者は議会の建物に放火するなど混乱している。

「ジャマテイ大統領は辞任を」「貧困層に配慮を」。首都グアテマラ市では24日、大統領府や議会の前で抗議活動が繰り広げられた。

最近は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り852文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン