/

NYダウ続伸、初の3万ドル 米政権移行に期待

(更新)

【ニューヨーク=後藤達也】24日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が史上初めて3万ドルの大台に乗せた。米政権の移行作業が始まったことを好感し、幅広い銘柄が買われた。新型コロナウイルスの感染が拡大しているが、ワクチン開発も進み、投資家の楽観論が拡大。コロナで経済が打撃を受ける中での異例の株高となっている。

24日の終値は前日比454ドル97セント高の3万0046ドル24セント。トランプ米大統領は23日、大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン氏への政権移行の手続き開始を容認した。トランプ氏は敗北を認めていないが、市場では大統領選の決着を巡る不透明感が和らいだとの見方が広がった。

ダウ平均が初めて2万ドルを付けたのは2017年1月で、4年弱で株価は1万ドル(50%)上昇した。けん引したのはアップルやマイクロソフトなど巨大IT(情報技術)企業だ。時価総額上位の顔ぶれは4年前とあまり変わらないが、こうした銘柄は4年弱で株価が3~4倍にも値上がりした。

今年はコロナ感染の急拡大で3月にはダウ平均1万8591ドルまで急落した。だが政府や米連邦準備理事会(FRB)の政策対応で膨張したマネーが株式市場に流れ込んだ。3月の安値からの上昇率は6割超に達する。特に11月3日の米大統領選以降は上昇が加速した。11月の上昇率は13%を超え、月間では1987年1月以来の大きさだ。

原動力の1つが経済対策への期待だ。足元の経済対策協議は難航しているが、バイデン氏が大統領に就任すれば、経済対策を円滑に進めやすくなるとみられている。バイデン氏は財務長官にイエレン元FRB議長を起用する方針だと米メディアが伝え、財政出動と金融緩和の一体推進への期待も強まった。

ワクチン開発が進んでいるのも追い風だ。ファイザーのワクチンは90%以上の有効性が確認され、緊急使用許可を政府に申請した。早ければ12月にも投与が始まる。ほかにもワクチンや治療薬の開発が進む。米国ではコロナ感染者が急増しているもののワクチンの普及で経済活動への影響は緩和されるとの期待がある。

ただ、株式相場はマネーゲーム的な様相も帯び始めている。国内総生産(GDP)や企業収益は大幅に落ち込んでおり、コロナ前の水準をいつ回復するのかはなお不透明だ。バンク・オブ・アメリカの11月の調査によれば機関投資家が持つ資産のうち現金が占める比率は4.1%に低下。4%を下回ると株価が調整する兆しだという。政策やワクチン頼みの面が強い分、反動が大きくなるおそれもある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン