/

再生産数2超える、大阪・京都・兵庫 厚労省助言組織

新型コロナウイルス対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」は24日に会合を開き、1人の感染者が何人に感染させたかを示す「実効再生産数」が直近で大阪、京都、兵庫で2を超えていると明らかにした。北海道、東京、愛知でもおおむね1を超える水準が続いているという。

入院者数や重症者数も増加が続き、手術や救急患者の受け入れの制限などの事例も出始めているとして「このままの状況が続けば医療提供体制と公衆衛生体制に重大な影響を生じる恐れがある。通常の医療では助けられる命が助けられなくなる」と警鐘を鳴らした。

潜在的なクラスター(感染者集団)が感染拡大の要因と分析した。政府が表明している観光需要喚起策「Go To トラベル」事業の見直しなどを速やかに実行することが求められるとした。

座長の脇田隆字・国立感染症研究所長は24日の記者会見で、新規感染者数の顕著な増加がみられるとした北海道や首都圏、関西圏、中部圏では「公衆衛生体制や医療提供体制は厳しい状況になっているとの報告がなされた」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン