/

この記事は会員限定です

東京都、営業短縮要請を準備 協力金の財源確保も課題

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策で東京都と国が水面下で応酬を続けている。国は飲食店などの営業時間短縮要請を求めたが、影響の大きさから都は当初慎重だった。感染者急増を受けて都は重症者数をもとにした基準を作り、時短要請する方向に転じた。事業者に払う協力金の財源確保なども課題になっている。

「飲食店などへ営業時間の短縮を早急に要請すべきだ」。都関係者によると、国は11月中旬以降、都に重ねて求めてきたという。緊急事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り818文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン