/

松沢氏ら2人を懲戒解雇 研究費不正支出で 京都大霊長類研

京都大霊長類研究所のチンパンジー飼育施設工事を巡る研究費不正問題で、京大は24日、不正に関与したとして元所長の松沢哲郎特別教授(70)と、友永雅己教授(56)を懲戒解雇処分にしたと発表した。

松沢氏は天才チンパンジー「アイ」の研究で有名。人間の認知や行動の起源を探り、文化功労者に選ばれた。自身のホームページに「不正の判定の基礎となる大学の調査そのものが事実を誤認しており、このため誤った事実認定に基づく不正の認定になっている」とのコメントを掲載した。

京大は6月、松沢教授らが2011~14年、愛知県犬山市や熊本県宇城市の飼育施設の工事など計34件で、仕様書通りに造った場合よりも多い金額を支出したり、架空の取引や代金の二重払いをしたりして、約5億670万円の不正支出があったと発表。松沢氏が計14件(約2億3千万円)、友永氏は計21件(約4億8500万円)の不正に関わったと認定した。

会計検査院は今月10日、京大の公表分以外に約6億2千万円の不正支出があり、総額は約11億2千万円に上ると指摘していた。

京大は24日付で野生動物研究センターの森村成樹特定准教授(50)を停職2カ月、平田聡教授(47)を停職1カ月、契約を担当した当時の事務職員2人を戒告の処分とした。

京大は松沢氏の処分について「所属教職員を指導監督する立場にあったにもかかわらず、注意義務を怠っていた。不正行為が社会に与える影響は大きい」と説明。松沢氏らへの返還請求について「検討している」とし、「既に公表した事実と今回の認定内容に相違がない」として記者会見を開かなかった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン