/

エアアジア債務超過 7~9月期、赤字210億円

【シンガポール=谷繭子】マレーシアの格安航空(LCC)大手、エアアジア・グループが24日発表した2020年7~9月期決算は、最終損益が8億5100万リンギ(約210億円)の赤字だった。赤字額は前年同期の5100万リンギから約17倍に膨らんだ。9億7900万リンギの債務超過となった。

国内線の回復もペースは遅い=ロイター

手元資金の確保が喫緊の課題だ。トニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)はマレーシア政府の保証がついた融資を固めたとしていたが、決算発表資料では「複数の銀行から確保する最中にある」としている。

売上高は4億4200万リンギと前年同期より86%減った。エアアジア本体の輸送能力は81%少なく、旅客数は85%減った。人員削減などで固定費を50%圧縮したが運航の落ち込みを補えず、5四半期連続の赤字となった。1~9月の赤字額は26億リンギを超えた。

日本事業のエアアジア・ジャパンは17日、破産申請の手続きを取ると発表した。中長距離を専門とするエアアジアXも債務超過で、再建を目指し債務の99.7%減額を債権者に申し出ている。エアアジアはこれらの関連会社への売掛金について、4億4420万リンギの損失引当金を計上した。エアアジアXの7~9月期決算は3億800万リンギの最終損失だった。

世界各地でコロナ感染が再燃し、国際線の本格回復の見通しはついていない。国内線は年末までにタイでコロナ前の水準に回復が見込まれるが、フィリピンではコロナ前の13%とばらつきが大きい。お膝元のマレーシアでも感染が再拡大している。同氏は「21年の流動線は十分あると見込む」との見方を示したが、先行きは見通しにくい。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン