/

ソフトバンク3連勝、日本一に王手 日本シリーズ

SMBC日本シリーズ2020は24日、ペイペイドームに舞台を移して第3戦が行われ、ソフトバンクが巨人を4-0で下して3連勝とし、4年連続11度目の日本一に王手をかけた。ソフトバンクは18年の第3戦から11連勝とし、日本シリーズでの連勝記録を更新。本拠地での連勝も15に伸ばした。

3回ソフトバンク2死二塁、中村晃が右越えに先制2ランを放つ。捕手大城(24日、ペイペイドーム)=共同

ソフトバンクは三回2死から周東が内野安打で出塁。続く中村晃が右翼席に本塁打を放ち、2点を先制した。七回には中村晃とグラシアルの適時打で2点を追加しリードを広げた。先発ムーアは7回無安打無失点と好投、3投手の1安打継投で完封した。

巨人は初回に敵失で無死二塁としたが先制できず、八回1死一、二塁の好機も2者連続三振で逸機。九回2死からの丸の1安打に終わった。先発のサンチェスは6回1/3を投げて3失点だった。

日本シリーズは全試合をナイターで行い、どちらかが4勝した時点で終了する。第4、5戦はペイペイドームで開催し、第6戦がある場合は巨人のホームゲームを開催する京セラドーム大阪に再び舞台を移す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン