/

この記事は会員限定です

統合15年の通信簿 アステラス安定、成長は第一三共

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

製薬業界で2005年に経営統合したアステラス製薬(山之内製薬と藤沢薬品工業)、第一三共(第一製薬と三共)、大日本住友製薬(大日本製薬と住友製薬)が歩み出してから丸15年がたった。薬剤開発の潮流が化学合成からバイオ技術に移る中、規模と効率化を求めた3社は進化できたのか。世界の製薬大手再編も進む中で、今後の活路をつかめているのか、証券アナリストらの視点も交えて検証した。

抗がん剤期待の第一三共、時価総額7兆円台

成長期待を映す時価総額で浮上したのは第一三共だ。統合後は2兆円を割り込む時期も長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2179文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン