/

この記事は会員限定です

英EU、物流滞る懸念 FTA合意でも年明け通関復活

(更新) [有料会員限定]

【ロンドン=佐竹実、今出川リアノン】英・欧州連合(EU)の通商交渉が大詰めを迎えた。自由貿易協定(FTA)締結に向けてギリギリの折衝が続くが、仮に合意できたとしても2021年1月から英国とEUの間には通関作業が発生し、物流の混乱が予想される。準備状況に遅れも目立つ中、企業は交渉の行方を見守っている。

1日1万台のトラックが通る英南部のドーバー港。ここを拠点に中東欧との貿易を手掛けてきた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン