/

この記事は会員限定です

イージス艦2隻4800億円超 試算、地上型より2割超高額

[有料会員限定]

防衛省は24日、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替案に関するコストの試算をまとめた。イージス艦2隻の新造にかかる建造費は4800億~5000億円超と見積もった。断念した地上配備型2基の整備費4000億円から20~25%上回る規模に膨らむ。

25日に自民党の国防部会に示す。代替案について民間企業2社に委託していた技術調査の中間報告を基にした。

イージス艦は今年就役した最新型「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン