/

四国電力、純利益61%減の70億円 21年3月期

記者会見する四国電力の長井社長(高松市)

四国電力は24日、2021年3月期の連結純利益が前期比61%減の70億円になる見通しだと発表した。従来は未定としていた。新型コロナウイルスによる電力需要の減少のほか、今期中は伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の再稼働が見込めずに電力の調達費がかさむ。記者会見した長井啓介社長は「極めて厳しい経営状況だ」と述べた。

売上高は7%減の6850億円、経常利益は64%減の100億円を見込む。新型コロナが売上高で80億円、経常利益で50億円の押し下げ要因となると予想する。原発停止による営業費用の増加額が約180億円に上ることも響いた。

総販売電力量は前期比12%減の262億キロワット時を見込む。内訳は、一般家庭向けの小売販売は2%減の220億キロワット時、他電力などへの卸販売は43%減の42億キロワット時と試算する。

四国電力は同日、期末配当は前期と同じ15円にすると発表した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン