/

この記事は会員限定です

祖父の伝記 放送大学教授 松原隆一郎

[有料会員限定]

祖父は企業家だった。1988年に90歳で亡くなるまで10社ほどの会社を起業し、社長以外であったことは一度もなかった。それは生前から聞いていた。けれども伝記(『頼介伝』苦楽堂)を書くまで、何歳で何に熱中していたか理解していなかった。

日本社会の出来事と祖父の年齢を一覧できる年表にしてみて、祖父がぐっと身近になった気がした。祖父は旧制山口中学で岸信介と同級、同じ歳で亡くなっているから2人は完全な同時代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り483文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン