/

この記事は会員限定です

幕張で「AIバス」 千葉市とドコモ、効率的な経路分析

[有料会員限定]

千葉市はNTTドコモと連携し、人工知能(AI)を活用したバス運行の実証実験を幕張新都心エリアで始めた。利用者がスマートフォンで入力した乗車予約を分析し、AIが効率的な運行ルートを割り出す。バスの利便性を高め、幕張新都心の回遊性アップにつなげたい考えだ。

利用者は幕張地区のバス停24カ所に掲示したQRコードをスマホで読み取り、専用アプリをダウンロードする。名前や電話番号などの情報を入力した後、利用人数や行き先を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン