/

この記事は会員限定です

栃木・那須塩原市の定期PCR出足鈍く GoToが逆風に

[有料会員限定]

栃木県那須塩原市がホテル・旅館の従業員を対象に始めた新型コロナウイルスの定期PCR検査の実績が、開始から約1カ月で48人と目標の1割以下にとどまることがわかった。観光地の安全性アピールには力不足の状況だが、市は検査費用の確保を目的に12月から入湯税を引き上げる。検査実績が伴わない中での増税が宿泊客の理解を得られるか。不安は残る。

定期PCR検査は市内の温泉街で働く約1400人のうち、4割に当たる6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン