/

この記事は会員限定です

「第3波」食い止めへ医療・検査拡充 神奈川県内自治体

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの新規感染の急増を受け、神奈川県内の自治体が医療・検査体制を増強している。県は11月中をめどに対応病床数を1.7倍に増やすほか、横須賀市や横浜市は検査体制を拡充する。感染拡大を食い止めるとともに、経済活動への影響を抑える。

神奈川県は14日に開いた対策本部会議で、新型コロナに対応できる病床の拡充を医療機関に求める「医療アラート」を発出した。2週間後をメドに感染者を受け入れる病床数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り861文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン