/

ポルシェ、日本初の運転体験施設を発表 21年夏開業へ

ドイツの高級車ポルシェの日本法人は、ポルシェ車の運転を体験できる施設を千葉県木更津市に2021年の夏に開業する。車を借りて周回コースを走ることができ、ポルシェの所有者でなくても運転を体験できる。施設内にレストランを併設するほか、レーシングシミュレーターなども設置して幅広い層にブランドを体験してもらう。

運転を体験できる施設の外観イメージ

施設の名前は「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」。ポルシェ日本法人が24日に発表した。運転などを通じてブランドを体験してもらう施設で、日本では初導入となる。世界では米アトランタなどに続き9カ所目になる。投資額は50億円程度になる見通し。

ポルシェの運転体験施設が21年の夏に千葉県で開業する。写真は24日の発表会(中がキルシュ社長)

周回コースの距離は2.1キロメートル。元の地形をいかした高低差のあるコースが特徴で、上り坂やカーブなどさまざまな状況での走りを体験できる。新車を買った顧客を招待するほか、ポルシェ車を持っていない人でも車を借りて走ることができ、幅広い層に乗ってもらう。料金は海外では最短の90分コースで約4万円からとなっており、同程度の設定となる見込みだ。

施設内にレストランを併設するほか、専属の説明員によるポルシェの技術紹介などもする。会議室も用意して、企業の研修会場などでも活用できるようにする。1年間で1万人ほどの来場者を見込む。同日の発表会でミヒャエル・キルシュ社長は「都心部からのアクセスもいい。気軽に足を運んで、ブランドを感じてほしい」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン