/

この記事は会員限定です

EV関連株「百花繚乱」 来る選別へ問われる実力

証券部 松川文平

[有料会員限定]

日米など世界各国が環境重視にカジを切り、電気自動車(EV)関連株が百花繚乱(りょうらん)状態となっている。米テスラを中国の新興メーカー勢が追いかけ、日韓のモーターやバッテリーなど関連部品銘柄も勢いづく。期待が先行する相場はいずれ「本命」を見極める選別に移る。グローバルな投資マネーの争奪戦が強まるなかで、日本勢の実力が問われそうだ。

ほぼ全面高となった24日の東京株式市場のけん引役はEV関連銘柄だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン