/

この記事は会員限定です

[社説]出向者に企業は十分な説明を

[有料会員限定]

コロナ禍で業績が悪化した企業の間で、従業員を他社に出向させる動きが相次いでいる。人材を需要のある分野に一定期間、移し、雇用を守る狙いがある。

企業は対象者に、出向先での賃金、勤務時間などの労働条件や仕事内容について、説明を尽くす必要がある。不安や不満を抱えての出向が増えれば、雇用安定に向けた企業横断的な取り組みも浸透するのが難しくなる。

コロナ禍による打撃が大きい航空、外食、宿泊などの分野で、従業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン