/

この記事は会員限定です

岩谷産業、関西電力などと水素船検討 25年万博向け

[有料会員限定]

岩谷産業関西電力などが2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)に向けて水素で動く船の実用化を検討する。万博会場となる大阪市の人工島・夢洲(ゆめしま)と市内沿岸部の観光地を結ぶ想定だ。燃料電池を搭載し、水素と空気中の酸素を反応させてつくった電気で動かす。騒音が少なく、二酸化炭素(CO2)を排出しない。脱炭素化の流れを加速する。

岩谷産業と関電が中心となり、東京海...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り174文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン