/

「国と連携し対策」 小池氏、GoTo巡り首相と会談

東京都の小池百合子知事は24日、首相官邸で菅義偉首相と会談した。政府の観光需要喚起策「Go To トラベル」の一時停止について意見交換した。同事業を巡っては、新型コロナウイルスの感染拡大で大阪市と札幌市が一時的に対象から外れる見通しで、都の対応が注目されている。

小池氏は会談後に都庁で記者団の取材に応じ、「対策を練る必要があることから、国の様々な情報を確認した。国と連携しながら対策をしっかりやっていく」と述べた。首相との会談に先立ち、西村康稔経済財政・再生相とも会談した。

都は新型コロナの感染防止策として、居酒屋などに営業時間短縮を求める際の基準の策定を進めている。重症者数を参考値として「50人」や「75人」を目安とする案が上がっており、詳細を詰める。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン