/

この記事は会員限定です

住む予定のない実家を相続 「手放す」という選択も

人生100年の羅針盤 後悔しない終活(4)

[有料会員限定]

もし実家を相続する立場になったら――。いずれ直面する問題でも、親が健在の間は結論を先延ばしにしている人も多いのではないか。不動産は使わなくても、所有し続ける限り、固定資産税や管理責任が発生する。いったん相続すると相続税の問題も出てくる。「思い出として残しておきたい」といった場合は別だが、コスト面だけを考えれば「手放す」のは現実的な選択肢になってくる。問題は、どう手放すかだ。

実家を手放したい場合、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1173文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン