/

LIXIL、川島織物セルコン株売却 MBOで

LIXILグループは24日、子会社の川島織物セルコン(京都市)が実施するMBO(経営陣が参加する買収)に応じて同社株を売却すると発表した。事業会社のLIXILが保有する川島織物セルコン株を全て譲渡する。売却額は非公表。非中核事業を切り離して水回り製品やサッシなどに経営資源を集中させる。

売却は2021年1月6日に完了する見込み。川島織物セルコンは1843年創業のインテリアメーカーを前身に持ち、老舗の技術を強みに織物などを手がけてきた。20年3月期の売上高は296億円だった。

LIXILは10年に川島織物セルコン株の34%を第三者割当増資で取得し、11年に株式交換で完全子会社化していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン