/

この記事は会員限定です

トルコ、アゼルバイジャンへ派兵決定 停戦監視の名目

[有料会員限定]

【モスクワ=小川知世、イスタンブール=木寺もも子】トルコはアゼルバイジャンとアルメニアによるナゴルノカラバフ地域を巡る紛争の停戦を受け、監視の名目で派兵を決めた。アゼルバイジャンへの支援を通じて足がかりを得たコーカサスで影響力を拡大する狙いだ。停戦を主導したロシアは容認したが、米仏は警戒感を示している。

9月下旬に始まった戦闘はアルメニアの事実上の敗北で停戦した。合意では、アルメニアがナゴルノカラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン