/

USJ、大阪府と包括連携協定 パーク内で英会話

ユー・エス・ジェイは子ども・教育などの分野で大阪府と連携を進める

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)を運営するユー・エス・ジェイは24日、大阪府と包括連携協定を締結した。子ども・教育、観光・地域活性化など7分野で連携を進める。パーク内のスタッフが子どもと英語でやりとりし、英語学習の手助けとする。

締結式でジャン・ルイ・ボニエ最高経営責任者(CEO)は「2025年には国際博覧会(大阪・関西万博)が控えるなかで、グローバル人材を育成していく」と話した。赤い制服を着て「English」と書かれたバッチを付けたクルーが、子どもと英語で積極的に会話する。

大阪府の吉村洋文知事も登壇し、「新型コロナウイルス禍のなかで大阪を活性化していく上で、USJはなくてはならないパートナーだ」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン