/

この記事は会員限定です

東レ、航空需要減で炭素繊維苦戦 高機能品など下支え

証券部 生田弦己

[有料会員限定]

東レの看板である炭素繊維複合材料事業の苦戦が鮮明だ。新型コロナウイルス禍による航空機需要の減少で、部材に使う炭素繊維の需要も落ち込んでいる。自動車向けなどの繊維や高機能品の2事業が下支え役となっており、リーマン・ショック時より高まっている収益の耐久力をいかして難局を乗り切る構えだ。

コロナ禍を受けた収益の耐久力を測ってみる。2020年3月期の最終損益の前の期に比べた悪化幅を、19年3月期までの3年間の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1183文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン